グラサマ公式攻略wiki|グランドサマナーズ

グラサマ(グランドサマナーズ)の公式攻略wikiです。最新情報やイベント攻略、ガチャ情報はもちろん、最強ランキング、ユニットと装備の評価、異界クエストや初心者序盤の進め方などの攻略情報をまとめています。

ラグシェルムの評価・ステータス

覚醒ラグシェルム

グラサマ(グランドサマナーズ)のラグシェルムの評価とステータスをご紹介。ラグシェルムの強い点や使い方、奥義と真奥義やスキル、アビリティ、入手方法やプロフィールを掲載しています。

ラグシェルムの評価と基本情報

レア 役割 属性 種族
覚醒(4~覚) アタッカー 魔族
性別 声優(CV) EXPテーブル 限凸テーブル
男性 下山吉光 50 B

最強ユニットランキングはこちら

奥義・スキル・アビリティ

真奥義:トゥルーナイトメア
30050%の闇属性物理ダメージ。自身のHP30%消費する。25秒間、自身の被ダメージを3000無効化。さらに、高確率で敵を気絶状態にする。ブレイク4000
奥義:アブソリュートアビス
18500%の闇属性物理ダメージ。自身のHPを20%消費する。さらに、確率で敵を気絶状態にする。ブレイク1900
スキル:暗黒剣イヴィルスパイト(CT9秒)
3000%の闇属性物理ダメージ。自身の奥義ゲージ9UP。ブレイク1200
アビリティ 効果
暗黒世界 暗黒世界

闇属性耐性10%UPHPが低下するほど、攻撃力と防御力が上昇する(最大2倍)
状態異常耐性Lv6 状態異常耐性Lv6

自身の状態異常(気絶以外)時間短縮率、回避率60%UP
瀕死時HP吸収Lv4 瀕死時HP吸収Lv4

瀕死時、与えたダメージの4%HP回復

アビリティ一覧はこちら

真装備

装備 ステータス
真『ゲシュペンスト』
スキル
7200%の闇属性物理ダメージ。
アビリティ:魔神帥への忠誠
ラグシェルム装備時ダメージ20%UP・スキルCT50%UP(重複なし)
アビリティ:絶望の闇
味方全体の攻撃力を15%UP(重複なし)

真装備おすすめランキングはこちら

ステータス・セットできる装備

  HP 攻撃 防御
LVMAX 6743 2739 2420
限界突破 +999 +420 +373
  枠1 枠2 枠3
初期 物理攻撃★5 魔法攻撃★3 援護★2
限界突破 物理攻撃★5 魔法攻撃★5 援護★5

※ステータスとセットできる装備の限界突破の値は、限界突破を5回(最大回数)行った時の値です

進化チャート・必要素材

★5 ラグシェルム★4→ラグシェルム★5
素材 闇竜神『ヴァジャラ』 光竜神『アーク』 水竜神『ウル=メギア』 - -
個数 5 3 2 - -
覚醒 ラグシェルム★5→覚醒ラグシェルム
素材 覚醒魂 虹竜神『パラディソス』 魔鎧の魂片 冥蝕の魂片 呪怨の魂片
個数 30 1 5 5 1

※覚醒素材もしくは、覚醒魂150個で覚醒できます

入手方法

  • 2017年5月18日英雄召喚追加

ラグシェルムのプロフィール

覚醒ラグシェルム

覚醒ラグシェルム

魔族が封じられた地ゴルモレイで一部の封印が破れ復活した魔族。大戦期は魔族を支配する六魔将帥の一柱「魔神帥オージュ」に仕えており同軍第一師団の師団長を務めていた。復活した魔族の中ではもっとも高い地位と実力を誇っていたため、グラードとニーアを幹部としその他の復活した魔族たちを率いることとなる。魔族の完全復活を目指し侵攻を開始するが、レイアス達に敗れ野望は潰えた。

ラグシェルム

ラグシェルム(進化後)

レイアス達に敗れた後、自身の命を捧げ封印解除に使い魔神帥の復活を成し遂げる。元々魔族でありながら騎士道精神に近い思想を持ち魔神帥への忠誠心も高かった。そのため、享楽的な破壊や殺害は行わないが、目的のためなら大量虐殺も辞さない強さも併せ持つ。大戦当時はもっとも弱かった人間達が、現在のラクトヘルムを支配していることに疑惑を抱いており、人間達への警戒心も高い。

ラグシェルム

ラグシェルム

封魔域ゴルモレイで復活した魔神帥軍第一師団長。当初、魔族はまばらに復活していたが、元より力を重視する存在だけに、組織立って行動することはなく、同士討ちが続いていた。そんな中、彼はそれを制し、ゴルモレイを中心に「魔神帥オージュ」復活を目指し動き始める。さらに、彼は大戦の勝利者である人族の本質に迫らんとし、その執念で人族を再び恐怖と絶望の淵へと追い詰めていく。

公式紹介動画

▼ユニット解説(タップで開閉)▼

アタッカーとしての役割が与えられているが、実は単体としての火力はそこまで突出しているわけではないため、闇雲に突っ込んでも真価は発揮されない。本来の運用方法は覚醒前と違い、速攻型ではなく耐久型として使うユニットである。瀕死時HP吸収アビリティと真奥義の組み合わせにより、発動時に現在HPが70%以下であればヒーラー顔負けの回復量で復活し、ダメージ無効化のシールドを展開するため戦闘を継続しやすいのが最大の特徴である。さらにはHPが減るほど防御力が高くなっていき、敵の強力な攻撃は気絶効果で潰すことができる、と非常に倒れにくいため安定したクエストクリアを目指せる。通常奥義は出が早く広範囲連続ダメージ、真奥義はわずかに出が遅く小範囲単発大ダメージという特徴があり、敵の数、散らばり具合で使い分けることが望ましい。また、前述の通り攻撃を気絶効果で潰すことができるが、真奥義は出が遅いため、敵の奥義ゲージMAXに合わせるだけでは間に合わないこともある。確率は低くなるものの通常奥義で合わせて気絶を狙うか、発動直前を見極めて真奥義で確実な気絶を狙うか、あえて受けて耐え忍ぶか、プレイヤーのテクニックが試される場面である。どちらにもこちらのHPを削る効果があるため、余裕があるなら素早く瀕死状態になるために通常奥義を使っていくことも重要となる。装備枠はあまりに幅が広く、これといった固定装備は存在しない。安定して奥義ゲージを供給したいならアネストラ、プロスクリス、従魔の心玉など。瞬間火力を望むなら怨命晶やゴジラ石、魂心のXrossアタックやジアブロス、ゲシュペンスト零やクロノドミネイターなど。敵の邪魔をしたいならキュクノスやロギアゲイズ、ニグレイド、ベルセルクなど。といった具合に、装備するものによってそのクエストでの戦い方がガラリと変わる。プレイヤーによるカスタマイズ性の高さも、ラグシェルムの強さと言えるだろう。アリステラを代表とするヒーラーたちとの相性は一見悪いように思えるが、ただでさえ高い耐久性に回復が加わるため安定度は抜群、タイムアタックを目指すのでなければ積極的に組み合わせて見るのも良い。また、真装備がある場合とない場合とでは挙動が違ってくる珍しいユニットでもある。ラグシェルムはスキル発動によって5~6秒ほどその場から動かなくなるが、真装備を身に着けた上で連続してスキルを発動するとずっとその場でとどまるようになる。これにより相手との距離を調節することができ、奥義発動時の前進を組み込むと相手の後ろ側でずっととどまることも可能である。これを利用した敵奥義回避もテクニックとして存在しているため、真装備をただの奥義ゲージ加速装置と捉えるのは早計であると覚えておこう。

書き込み

最新を表示する

スキル・アビリティ