グラサマ公式攻略wiki|グランドサマナーズ

グラサマ(グランドサマナーズ)の公式攻略wikiです。最新情報やイベント攻略、ガチャ情報はもちろん、最強ランキング、ユニットと装備の評価、異界クエストや初心者序盤の進め方などの攻略情報をまとめています。

初心者指導書

初心者に向けて

このページはグランドサマナーズを始めるにあたって重要な点を重点的にサポートすることを目的としたページです。

「グラサマを始めたばかり...」「マルチに入ってみたい...」「マルチでよく蹴られてしまう...」という人はここを読んで基本的なことをマスターしよう!

※なお、操作方法などの基本的なこと・チュートリアル受けとけばわかる様な事はここには記載しません。下記リンク先でお読みください。

グラサマ攻略のポイント

リセマラ当たりユニットについて

まずグラサマをやる人のほとんどがおこなうであろうリセマラ。「○○が当たったのですがリセマラ終了でいいですか?」という質問がとても多いが、結論から言うと「ユニット評価ランキングで評価点が8以上くらいのやつが2~3体当たったら良い」と考えるといい。

しかし、ユニット評価ランキングの入手方法欄に「英雄祭」と書かれているユニットが多いことがわかるだろう。ランキング上位の殆どが英雄祭というガチャイベントの時にしか出ないため、リセマラはこの期間中にするのがおすすめである。もしも英雄祭期間中でない時にリセマラをしたい場合は「ゼノン」を狙うとよいが、英雄祭を待つ方がよい。

もしも出たユニットがアタリなのかハズレなのか判断に困ったときには質問掲示板を利用するとよい。

ユニットの武器について

武器の装備は非常に重要である

このゲームではユニットごとに武器を付けられるようになっている。リセマラで良いユニットが出たからといって適当な武器を付けていれば、LvMAXにしたところで負けてしまうことが多い。(ユニット評価ランキングの評価点も武器が関わっている)

まずはユニットを見てみよう。ユニットはそれぞれ3つの装備枠を持っている。各色ごとに「物理攻撃」「魔法攻撃」「防御」「回復」「援護」の5種類、それぞれ決まったレア度(☆の数)まで装備することができる。

ここでまず上限のレア度の武器をきっちりと装備しよう。どういう意味かというと☆5枠には☆5の武器を、☆3枠には☆3の武器を装備しよう。(決して☆5枠に☆3武器を装備しないように!)

もしも全く武器を持っていない場合はガチャを回そう。また☆2以下装備は鍛冶屋で生成できるので作っておこう。それでもどうしても足りない場合はしょうがないので適当に装備しておこう。(装備がないよりはマシ)しかし、この状態でマルチに行くのは迷惑がかかるため避けよう。

武器の強化も非常に重要である

武器の強化は初心者からすると甘く見られがちだが、武器を最終段階まで強化すると攻撃・回復力2倍以上になったり、性能そのものが強化(燃焼回復→状態異常完全回復)されたりする。

「【EX】」とつくような難易度が高いクエストに行く場合は必ず武器を強化しよう。

武器スキルを発動するタイミングについて

武器スキルはユニットのスキルと比べCTが非常に長いため、打つタイミングを見極めなければいけないものもある。

物理攻撃・魔法攻撃

基本的に物理攻撃や魔法攻撃武器は攻撃をするだけのものが多いため厳密な発動タイミングはほとんどなく、ボスバトル等で溜まり次第発動するようにしてよい。しかし、状態異常を併発する武器では話が変わってくる。

具体例としては「神輝弓キュクノス」「魔導弓ロギアゲイズ」などが有名であり、"弓"と呼称されたりもする。このような武器は敵の奥義を中断させることができるので、敵の奥義発動と合わせて使おう。これはクエストの難易度が上がるごとに必須のテクニックとなるので理解しておこう。後述の奥義を発動するタイミングについても併せて読んでいただきたい。

防御

防御武器は被ダメージを軽減する効果を持つものが多いため、敵の攻撃に合わせて使おう。特に敵の奥義に対して使うのが望ましい。

回復

回復武器はその名の通り味方ユニットのHPを回復する効果を持っている。これに関しては使うタイミングにあまり制約がなく、HPが減ってきたら早めに使おう。

援護

援護武器はそれぞれに特徴があるためよく使用されるものを特徴別に書いていくが、総じて言える発動の注意としては味方が同系統援護武器を使用した際に効果時間に被って発動してはいけない。これは味方が発動した効果を上書きし、なかったものとしてしまうためである。同時発動もしないこと。スタンプを使って意思疎通しよう。

「クリティカル率UP系武器」は味方のクリティカル率を上昇させることができる武器であり、味方の与ダメージを数秒間だけ大きく上昇させることができる。打つタイミングは味方の奥義や攻撃武器スキルが同時に発動されるタイミング(ボス突入時など)が良い。

「奥義ゲージ回復系武器」は味方の奥義ゲージを貯める効果のあるものである。これは最初のフロアから出し惜しみせずドンドン使っていこう。使う対象はパーティ・戦局を見て判断しなければいけないため一概には言えない。

ユニットの限界突破(限凸)について

先ほどユニットの装備についてお話したが、その装備のレア度枠を上げるのに必要なのが「限界突破」(以下、限凸)である。

限凸をする理由はユニットの装備レア度制限を上げるためとタス値上限を上げるためである。

限凸を行う方法は2種類あり、同じユニット(進化は問わない)を合成するか、ユニット限界突破石を使うかである。ガチャから排出される高レアリティユニットを何体も集めるのは非常に大変であるため、ユニット限界突破石を使う方が一般的である。ユニット限界突破石の入手方法はリンク先をチェックすること。

よくある質問として「同キャラをガチャで手に入れた場合、限凸するか否か」というのがあげられるが、基本的に限凸はするべきである。それほど限凸による強化値は大きい。

奥義を発動するタイミングについて

奥義を打つタイミングは基本的にそれぞれの武器と同じ発動タイミングでいいのだが、状態異常を併発する攻撃奥義では話が変わってくる。

奥義の中には「氷結」「麻痺」「気絶」等の敵の奥義を中断させる効果をもつものがいる。(「セリア」「エルファラ」「ゼイオルグ」等)これらのユニットの奥義は敵の奥義発動と同時に発動し、敵の奥義を中断させることに使おう。

異界に入る前に...

このゲームを始めて1週間もすればおのずとやりたくなってくる異界のイベントクエスト。しかし、イベントを周回し始める前にストーリークエストを終了させておこう。(マールゼクス討伐まででよい)

イベントクエストはストーリークエストとは比にならないほど難易度が高い。曜日・素材・タスクエストを除き、異界のイベントに参加するのはストーリークリア後にしよう。

ストーリーをクリアすることで作成できる装備品や料理が増えたり、ドロップしにくい進化素材が入手できたりと得られる恩恵は大きく、ストーリーとしても時系列が異界のほうがクリア後であったりするため、先にクリアしてしまう方が良い。

マルチに行く時の注意点について

マルチに行く際の基本的な注意点はこのページで長々語ってきたのでここまでの事をきちんと考慮していれば蹴られることはかなり少なくなっているだろう。ここではさらにマルチに入る際の注意事項を書いていく。

料理ブーストについて

料理ブーストとは、4人全員が同じ料理を持ち込むことによって発生する追加効果の事である。基本的に料理屋で作成できる料理では料理ブーストは発生しない。マルチをやるうえで最も多い料理が「チーズ」である。同じ種類のチーズは4つ持ち込むとLACKが20上がるほか、ドロップで大量に確保出来るため愛用者が多い。同じ系統として「マカロン」と「から揚げ」がある。

ゲストとしてルームに入ったときはホストが出している料理を同じものを持ち込むようにしよう。もしも同じものを持っていなかった場合は残念だが部屋を出よう。そのまま別の料理などで待機していても蹴られるだけである。(料理ブーストしない料理に関しては別。)

ホストとしてルームを建てた場合は自分でどの料理を持ち込むか、またその料理で料理ブーストが発生するかどうかを覚えておこう。

オート操作について

このゲームには周回に便利な「オート操作」という機能があるのは知っているだろう。

マルチでは絶対に使用しないこと。もう一度繰り返すがマルチでは絶対に使用してはいけない。オートはある程度戦局を判断して武器・奥義等を使ってくれるが全くあてにならない。

確認したければ高難易度クエストにソロでオートを使って侵入してみるといい。相当編成を凝らなければすぐに負けられるだろう。

高LACKで曜日ダンジョンを周回するときなどは例外的に許されるがイベント系では絶対にやめましょう。

書き込み

最新を表示する

スキル・アビリティ

人気ページランキング

最近更新したページ

最近のコメント

コメント復旧のお知らせ

ページ毎にコメントの過去ログを設置しました。